地芝居ポータルサイト -jishibai portal site-

「地芝居(地歌舞伎)」に関する様々な情報を集め、
発信していくポータルサイトです。

ブログ

イベント の記事一覧

岐阜県博物館主催「芝居大国!岐阜」の記念講演のご報告

2019年03月02日

岐阜県博物館主催「芝居大国!岐阜」の記念講演を務めました。

代表の蒲池は2月3日「美濃飛騨の地芝居案内」、スタッフの北河は2月23日「獅子芝居のすすめ」を担当しました。

 

***蒲池***

「地歌舞伎とは」の講演

主催者が自分を選んでくれたのは大御所の方々がお話されないことを話してほしいからだと思い、「そもそも岐阜県の地歌舞伎って何でしょうか?」とど真ん中の問いを投げて、話しました。

岐阜県が「地歌舞伎」という地域ブランドを強く押し出した20年間、2015年にお亡くなりになった振付師4代目中村津多七師匠は何を観ていたのか、何が観たかったのかを想像しつつ講演の準備をしました。

「いま楽をしようとしただろ。わかるよ。楽をするんじゃない。楽をせず、楽しむんだ。」

この言葉をくれた四代目中村津多七こと吉田茂美さんに向けて講演では話していました。

どんなふうに聞いてくれただろう。

 

***北河***

獅子芝居講演

聴講者は、学会発表とはかなり違うことを意識して
できるだけ画像&動画を多用、かつ分布図におとすなど、パッと見てわかりやすい作り方を意識しました。
「獅子芝居ガールズコレクション」と題して、美しき獅子たちを特集してみたり
(笑´∀`) エッヘン
獅子芝居の調査でもらった半纏まで着て90分間しゃべり倒しました。
少しでも、獅子芝居の魅力を感じてもらえたのであればいいな、と思います。

***

もうひとつ、私たちに貴重な機会を与えてくれた岐阜県博物館学芸員の南本有紀さんの感想を添えます。

 

***南本***

辞書に立項のない「地歌舞伎」は、歴史用語として「正しくない」から「学術用語として使用してはならない」と思い込んでいたことに気づかされました。
常識にとらわれて安易に思考停止していたなと反省。
現象として、とくに岐阜では「地歌舞伎」が定着しているので、その影響や展開を考察しましょうというのは目から鱗でした。
「地歌舞伎」を推進する県政にとって貴重でありがたいお話だったと思います。

アンケートによると獅子芝居を見たことがない聴講者が意外に多かったです。
地元民以外に鑑賞機会は少ないのかもしれませんが、この地域の発祥で全国的にも稀な芸能であることから、県内にも認知が広がることを期待したいと思います。
短くて、わかりやすく(太夫の語りで聞き取りやすい)、かつ、アクロバティックなおもしろみがある、私も好きな芸能です。

岐阜県政としては地歌舞伎の発信に熱心ですが、むしろ、この地域特有の獅子芝居こそonly oneとして発信していくべきかとも思いました。

***

どちらの回にも多くの聴講者がきていただき、感謝いたします。

ありがとうございました!

本日はこれにて。

【イベント】地歌舞伎鑑賞ツアー@岐阜県東濃地方

2017年10月21日

 岐阜県東濃地方にて「地歌舞伎鑑賞ツアー」がスタートしました!これは地歌舞伎を深く知ってもらうための地歌舞伎鑑賞日帰りバスツアー(名古屋発)です。各地歌舞伎公演には歌舞伎エキスパートによるガイドが付き、さらにご当地のお弁当つきます。

地歌舞伎鑑賞ツアー2017

 一回目のツアーはすでに終わっており、そちらのエキスパートは地芝居ポータルスタッフでもある東野歌舞伎保存会役者の足立伊公子さんでした。足立さんから今回の鑑賞ツアーの感想をガイド視点でコメントいただきました。
*****
名古屋発ガイド付き地歌舞伎鑑賞ツアー、第一弾36人のお客様を担当しました。(第五弾まで。私の担当は次は最後の中津川公演)内容は全て託していただき、車内ほぼ通して1人で喋らせてもらいました。バスの中は集中できるのでやってみたいと思っていたのですが、絶対に座ってシートベルトをしていなければならないので、通路を振り返るという無理な姿勢になりました。聞き手の顔が見られないと集中力にかけると思い、登場人物の拡大イラストなどで視線を集めたり、問いかけしたりしました。一般的な基礎知識を入れながら、主に、地歌舞伎と大歌舞伎の違い(呼称も含めて)から、地歌舞伎の楽しさを解説し、後は鑑賞外題のあらすじ(結構詳しく)、裾さばきなど役者として気になる視点などお話ししました。町の見所も少し紹介しました。歌舞伎鑑賞は初めての方も、大歌舞伎ファンもみえましたが、こんな話は聞いたことかなかったと喜んでみえました。

*****

コメントを読んで私もぜひ参加したくなりました。大変アットホームな雰囲気を感じ、バスの中も地歌舞伎(地芝居)の雰囲気と同じなんだろうと想像してしまいます。この企画は11月、12月、3月(2回)とまだまだ続き、現在絶賛申し込み中です!ぜひ友人や家族と一緒に参加して、地歌舞伎の旅を一緒に満喫してください!