地芝居ポータルサイト -jishibai portal site-

「地芝居(地歌舞伎)」に関する様々な情報を集め、
発信していくポータルサイトです。

ブログ

【地芝居だより】9/17 豊澤千賀龍師匠の受賞記念発表会@長浜曳山博物館

2017年09月24日

 先週17日のことになりますが、滋賀県長浜市にある曳山博物館にて豊澤千賀龍師匠の受賞記念発表会がありました。

 豊澤千賀龍師匠は滋賀県長浜・岐阜県中津川・愛知県知立の三味線&義太夫を育てた名古屋市在住の師匠です。大正10年生まれですから、今年で96歳。70代の時から長浜の三役修行塾で指導にあたり、今でも月に一度は長浜へ通っているという師匠です。今回は全日本郷土芸能協会より地域芸能特別功労賞を受賞したお祝いに一門の弟子が集まり、お祝いを込めて発表会を催しました。かくいう私も千賀龍師匠に義太夫を教えていいただいており、今回は岐阜県中津川の義太夫教室の部で口上を務めました。一門の末席にいれることが心から嬉しいです。

豊澤千賀龍師匠

 千賀龍師匠も舞台に出て、傾城阿波の鳴門のおゆみの役として義太夫を語りました。まだまだご健在で私よりもはるかに声が出ており頭が上がりません。
「はじめに形、つぎに色、おわりに匂い」
と千賀龍師匠に言われました。この言葉を体にしみこませながら義太夫の修行に励みたいと思います。豊澤千賀龍師匠、おめでとうございます。

本日はこれにて!

【農村舞台】農村舞台について講演しました

2017年09月10日

農村舞台寳栄座

8月の最後の日曜日に愛知県豊田市で農村舞台について講演をしてきました。
テーマは「農村舞台の活用」です。これまで見てきた全国の農村舞台での活動をいくつかピックアップして紹介し、現在の農村舞台のあり方について思うところを話してきました。
拙い話にもかかわらず地元の人たちが大勢集まり、聞いてもらいました。
地元に眠っており、つい最近眠りから覚めた農村舞台「寶榮座」は大変すばらしい舞台です。
これから地元の怒田沢の人たちと共によりよい未来を歩んでいってほしいです。
講演のレポートがございます。下記のリンク先からご笑覧いただければ幸いです。

***農村舞台寶榮座 第2回ワークショップレポート***
2017年8月27日(日)、怒田沢集会所「青葉の館」にて、第2回となる「農村舞台寶榮座保存活用ワークショップ」が開催されました(第1回目は7月30日に行われた「改修」をテーマにしたワークショップ)。コーディネーターは地域人文化学研究所・寶榮座相談役幹事の天野博之さん、講師には地芝居ポータルサイト代表・真宗大谷派 長善寺住職の蒲池卓巳さんをお迎えしました。
https://houeiza.jimdo.com/17082902/