地芝居ポータルサイト -jishibai portal site-

「地芝居(地歌舞伎)」に関する様々な情報を集め、
発信していくポータルサイトです。

  • 山上げ祭(栃木県)

  • 団体名:
    山あげ祭保存会
  • 公演日時:
    毎年7月第4週金・土・日
  • 場所:
    那須烏山市街
  • 子供歌舞伎:
    あり
  • 農村舞台・芝居小屋・曳山(山車・屋台)など:
    市街地の路上に奥行き100m、幅7m、高さ15mの舞台を設置して所作狂言を中心とする余興を上演、解体、移動、設置、上演を一日最大6回繰り返します。
  • 振付(演出):
  • 歴史:
    永禄3年(1560)、烏山城主那須資胤が城下五町鎮守牛頭天王(素盞鳴命)を八雲神社にお祀りし、天下泰平、五穀豊穣、疫病消除を祈願したのが起源とされています。 当初、奉納余興として相撲や神楽獅子などが行われていましたが、寛文年間(1661~1672)には踊りを上演するようになり、さらに元禄年間(1688~1703)には狂言が行われ、やがて享保から宝暦年間(1716~1763)にかけて歌舞伎舞踊がとり入れられ、同時に舞台装置や舞台背景も大規模になり、江戸時代末期頃に現在の野外歌舞伎の形態となりました。

    (那須烏山市HPより引用抜粋)
  • 特徴:
  • 備考:
    昭和54年(1979)国重要文化財に指定さている。
  • アクセス:
    「烏山駅」

    (車の場合)東北自動車道 宇都宮IC、矢坂ICから約50分
          北関東自動車道 上三川ICから約50分
           常磐自動車道 那珂ICから約50分

    (電車の場合) JR宇都宮駅からJR烏山線をご利用ください。