地芝居ポータルサイト -jishibai portal site-

「地芝居(地歌舞伎)」に関する様々な情報を集め、
発信していくポータルサイトです。

  • 葛畑農村歌舞伎(兵庫県)

  • 団体名:
    葛畑農村歌舞伎伝承会
  • 公演日時:
    秋ごろ
  • 場所:
    葛畑の舞台(芝居堂)
    (兵庫県養父市葛畑字村中979番地 荒御霊神社境内)
  • お問い合わせ:
    079-667-2331 伝承会事務局(養父市関宮地域局まちづくり係)
  • 関連サイト:
    http://www.kazurahataza.com/
  • ※葛畑農村歌舞伎伝承会HP
  • 子供歌舞伎:
    あり
  • 農村舞台・芝居小屋・曳山(山車・屋台)など:
    あり 「葛畑の舞台」
  • 振付(演出):
  • 歴史:
    この舞台で四百年近く前から、農村歌舞伎が演じられてきました。大坂の芝居小屋で修行した藤田甚左衛門がふるさと葛畑に帰り、地元の農業を営む人たちと結成したのが「葛畑座」です。明治三年のことでした。昭和の初めごろまで盛んだった葛畑の農村歌舞伎は一時、衰退します。舞台の改修にあわせて昭和四十一年に再び公演しますが、その後、長らく途絶えていました。しかし、地元住民の「もう一度歌舞伎を」という熱い思いが県や関宮町(現・養父市)や関係者を動かし、三年前の平成十五年、三十七年ぶりの復活公演を果たしたのです。
    (葛畑農村歌舞伎伝承会HPより引用抜粋)
  • 特徴:
  • 備考:
    葛畑の舞台は天文13年(1554)に荒御霊神社境内にたてられていた舞台を明治25年(1892)に本格的な歌舞伎舞台にする為、村の大工3人を大阪に派遣し舞台建築技術を習得させ、村人総出で修復したものです。昭和43年5月に国の重要文化財に指定。
  • アクセス:
    JR山陰本線八鹿駅より全但バス鉢伏行き、出合より町営バス別宮行き乗換葛畑下車
  • 葛畑の農村舞台