地芝居ポータルサイト -jishibai portal site-

「地芝居(地歌舞伎)」に関する様々な情報を集め、
発信していくポータルサイトです。

演目紹介

奥州安達ヶ原 袖萩祭文

〜あらすじ〜

 いとこのお嬢様だった袖萩(そではぎ)さんは、貞任(さだとう)さんを愛したばかりに親から勘当…。ついには貞任さんとも生き別れになり、泣き続けた果てに盲目になってしまう。そんな時、父親は、ガードしていた幼い宮様が誘拐されてしまい、その責任から大ピンチにさらされる。その噂を聞いて袖萩は、雪の中、娘お君を連れて必死で両親を訪ねる。でも、勘当された身、家にも入れてもらえす、降りしきる雪の中で悲しみの歌(祭文)を歌う。父から夫のことを悪く言われたため、夫の立派な素性を明かそうと父に見せた手紙の筆跡から、この一家を陥れたのが実は貞任であったことが判明してしまう!…貞任兄弟は、一族の敵討ちのため父親の命を狙っていたのである。貞任の弟は袖萩にまで父親を殺せと懐剣を渡すが、袖萩は、父の切腹と同時にその懐剣で自害する。
 切腹の見届け役として現れた桂中納言は、実は貞任がなりすましていたことを、八幡太郎義家(袖萩の妹の旦那さん)に見破られ、上品な公家姿から荒々しい武士姿に変身するところが見所。弟も荒々しい派手な衣裳に変身し、二人で義家に戦いを挑むが、義家は袖萩の娘を引き取り、後日の勝負を約束して別れる。
 前半の「静」と後半の「動」が対照的な舞台。

〜みどころ〜

ストーリーを、知らなくても誰もが泣ける前半…深々と降る雪と三味線だけでサイレントなイメージと、色彩もモノクロで物悲しいイメージが、美しい。後半はそれと対比してガラリと変わり、音も色も派手な美しさ。全体として、源氏の白旗、平家の赤旗の対比が予感される構成が素敵だと思います。

奥州安達ケ原 袖萩祭文

奥州安達ケ原 袖萩祭文

〜登場人物紹介(登場順)〜