地芝居ポータルサイト -jishibai portal site-

「地芝居(地歌舞伎)」に関する様々な情報を集め、
発信していくポータルサイトです。

演目紹介

三人吉三 大川端庚申塚の場

〜あらすじ〜

十三郎は店の金である百両を紛失してしまい、川端で自殺をしようとしています。
たまたま通りかかった伝吉は、十三郎を説得して家へ連れて帰ります。

――――ここから先が上演されることが多いです。――――

与九兵衛と太郎右衛門がやってきます。
太郎右衛門は海老名軍蔵という武士にお金を貸していましたが、軍蔵は殺されてしまいました。
与九兵衛は、軍蔵から庚申丸という刀を預かっていました。
太郎右衛門は借金の形だと言って、与九兵衛から刀を奪います。

十三郎の失くした百両は、おとせが預かっていました。
おとせが家へ帰ろうとしているところに、八百屋の娘に成りすましたお嬢吉三がやってきて、おとせに道案内を頼みます。
川端にやってくるとお嬢は正体をあらわし、百両を奪っておとせを川に突き落としてしまいます。
そこへ太郎右衛門が通りかかり、お嬢は太郎右衛門から庚申丸を奪います。

お坊吉三は、お嬢が百両を奪うのを駕籠の中から見ていました。
お坊はお嬢に百両をよこせと要求します。
お嬢はそれを拒否したので、殺し合いになってしまいます。
そこへ和尚吉三が通りかかり、二人の争いを止めます。

和尚は、「一度抜いた刀は戻せないから、自分(和尚)の腕を片方ずつ切り落として、お金は半分ずつ持って行け。」と提案します。
身体を張った仲裁に感動したお坊とお嬢は刀を収めて、三人で兄弟分になりたいと提案します。
和尚は提案に賛成し、三人は混ぜた血を飲み干して兄弟の契りを結びます。

百両は兄貴分となった和尚が預かることになり、三人吉三が結成されたのでした。

〜みどころ〜

大歌舞伎では通しでも上演されますが、地芝居では発端部分のみです。子ども歌舞伎でよくやります。
この場面では一人も死んでません(おとせは死んでません!)が、殺人、近親相姦、同性愛が出てくる大人向けの作品です。
お嬢の男女切り替え、お嬢とお坊のセリフのやりとり、和尚の義俠心がみどころ。
きまりの場面でツケが入るので、掛け声やおひねりは比較的やりやすいとおもいます。
おとせを川に落とした後のお嬢のセリフが有名です。はじまるまえに掛け声をかけると通っぽいかも。

三人吉三 大川端庚申塚の場

三人吉三 大川端庚申塚の場

〜登場人物紹介(登場順)〜

和尚吉三

伝吉の息子。もともと僧侶をしていたが、いまは盗賊をしている。

お嬢吉三

日蓮宗を信仰して、水死体の供養をライフワークとしているおじさん。

お坊吉三

もともと武家のおぼっちゃんだったが、いまは盗賊をしている。
おぼっちゃんだけどひ弱ではない。

手代十三郎

道具屋に勤めている若い男。

土左衛門伝吉

若いころは極悪人だった。
もともと芝居で女方をしていたが、いまは盗賊をしている。

夜鷹おとせ

伝吉の娘。売春で家計を支えている。